入札物件で不動産投資


通常の不動産業者を介しての土地や建物の売買だけが、土地や家屋を手に入れる方法とは限りません。
不況に入って注目されたのが、差押えやなどの競売物件や相続税の物納物件、また国や地方自治体の所有していた土地などを入札により取得することができます。普段から新聞をよく読む方は気付いているでしょうが、新聞の下の方に時折競売物件情報が掲載されています。競売物件はシステムを知っており、資金を持っていれば、普通の人でも参加できます。

競売物件価格が不動産鑑定士によって評価が出され、その評価額の7割金額が競売物件や土地の価格とされています。入札はさらにその価格から2割引いた価格から始められることをご存知でしょうか。一昔前までは、厄介な物件が多いとされていましたが、今は勉強さえすれば、さほど厄介なものでもないようです。
逆に、運が良ければ競争相手が出てこず、入札最低価格での落札できる可能性もあり、格安で投資物件を手に入れ、賃貸として貸し出す事も可能なわけです。
入札物件を格安で手に入れ、不動産投資物件とする。これも一つの投資方法と考えられているようです。
  





やさしい不動産投資ガイド All Rights Reserved.